結婚指輪や婚約指輪に人気のピンクゴールドの変色って大丈夫?!

ここではピンクゴールドの“硬さ”の前に、“ピンクゴールドの変色”についてお話します。

ネットなどを見ていると、よくピンクゴールドは変色すると書いてありますが、
確かに全くしないとはいえませんが、今は以前ほどはしなくなっております。

特に18金の場合は結婚指輪のように毎日はめていただければ、気になるような変色はしません。
技術的にも改良されていますし、使っていることで洋服などにこすれるのでそこまでの変色を感じる事はないと思います。

ハワイアンジュエリーなどの14金は少ししますが、ほとんどの方が気付いていないと感じます。

さらに10金の場合は、以前はかなりしてましたが、今は大分改良されてます。
当店の10金ピンクゴールドは、店頭に飾っておいても気になるほどの変色はしません。
ですが、一回身につけてその後放置したりすると変色しやすくなる事はあります。

また温泉に入った場合ですが、硫黄泉に入ると14金と10金は変色を感じることがあるかもしれません。
ですが18金の場合、他社の金属ははっきりとはわかりませんが、当店のピンクゴールドはほとんどしません。

シルバーのように変色するわけではないので、私的にはそこまで神経質になることはないと説明してます。

そして、もし変色した場合はメンテナンスすることで、直るということを覚えておいてほしいです。

その簡単な方法は以前にもお話しましたが、シルバー用の液体クリーナーを使うのがおススメです!
、私は「スピーディップ」と言うものを使ってます。
(注意)スピーディップには不透明な石は入れないで下さい。表面が白くなることがあります。パール・ターコイズ・ハウライトなど
表面なら、シルバー磨きの布でも簡単に取れます!
変色していると言う事は、表面が化学反応をしているので、液体クリーナーを使って落としてから、磨き布でさっと磨くのが一番良いと思います。

磨き布の使い方などは以前お話しましたので、そちらを参考にして下さい。

ジュエリーの場合、高価でもありますし、専門的な部分も沢山あるので色々神経質な情報が多く感じますが、
ピンクゴールドもそうですが、金は全般的に厳密に言うと変色しますし、プラチナは変色しないですが、
傷が付いてきたら本来の色を皆さん忘れてしまっています。そのぐらい姿を変えてしまうんです。

ですので、“どう対処するのか!”を覚えることが大切で、買う前に心配する事は楽しさを半減してしまうと思います。

どんなものでも買った時のままを何もせずに維持できるものなんて、ほとんどないと思います。
ジュエリーは輝いてなんぼのものでもありますので、その輝きを維持するためにはしつこいようですが
“クリーニング(メンテナンス)”が不可欠だと言うことを知って下さい。
そしてそのメンテナンスをしてくれるお店を知っておけば、後は何も気にすることなく安心して、
こころから楽しむことだけを求めればよいと思ったら、ジュエリーがもっと楽しいものになると思いませんか!?

それでは今日はこの辺で!

続きはこちらから

想いを形にするジュエリー
JewelrySalonPlanet
廣瀬 健太郎

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚指輪や婚約指輪に人気のピンクゴールドの変色って大丈夫?!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]