ミンサー柄の意味

 

沖縄の伝統工芸『八重山ミンサー』の起源については定かではないのですが、

いまから約400年前、沖縄で綿花(めんか)が栽培され始めた頃とされております。

現在はミンサー(正式名称『八重山ミンサー』)は、もともとは糸をきつく織り込むことより

綿狭(=メンサー)と呼ばれていたものがなまってミンサーとなったといわれております。

 

みんさーは綿糸で、五つのます目柄()と四つのます目柄()を織り込み、

その周りを小さなます目が両脇に並んでいます。

 

真ん中の五と四のます目には「いつの世までも」をもじって表現されており、

両脇のます目の連立はムカデの足をイメージしたものだと言われております。

これら二つの意味を合わせることで、

「いつの世までも足しげくお通い下さい」という意味が込められております。

 

琉球王朝時代、女性が心を寄せる男性に「いつの世までも足しげくお通い下さい」という

意味を込めて送ったものだと言われております。

 

 

 

伝統工芸品の文様として男女の想いをシンプルに分かりやすく表現しているミンサー織。

その想いを沖縄のむすび柄と合わせて、現代に変わらぬ想いとして表現したものが、

「いつの世までも共に結ばれている。」

 

 

その想いを形に込めておつくりするのが、

沖縄縁起物結婚指輪“むすび”沖縄ミンサー柄結婚指輪

でございます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ミンサー柄の意味
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]